【カモシカワークス公式Web】

<レビュー>『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』10/31公開!


Perfume、結成15周年、メジャーデビュー10周年で初の映画化!「Perfume WORLD TOUR 3rd」の“裏側”に密着したドキュメンタリー映画『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』10月31日より全国公開。第28回東京国際映画祭で上映された本編を観てきました!

Photo by Taku Yamamoto ⓒ KamoShika Works
Photo by Taku Yamamoto ⓒ KamoShika Works

Perfumeといえば、2014年リリースされたアルバム「LEVEL3」は世界251の国と地域で配信され、香港・台湾・シンガポール・タイのiTunesエレクトロニック・アルバム部門で1位を獲得。アメリカ、カナダなど19の国でトップ10入りを果たすなど、テクノポップを主体とした新感覚の楽曲と洗練されたダンス、最新テクノロジーを駆使したLIVEパフォーマンスで人気を博すアーティスト。

初のドキュメント映画となる本作は、結成15周年、メジャーデビュー10周年を迎えるアニバーサリーイヤーとも言うべき2014-15年の「Perfume WORLD TOUR 3rd」、「SXSW 2015」など海外での丸2ヶ月間に亘る活動を中心に追う。

(C) 2015“WE ARE Perfume”Film Partners.
ⓒ 2015“WE ARE Perfume”Film Partners.

第28回東京国際映画祭でレッドカーペットを歩いた3人。
そして、本編上映を拝見した冒頭の数分間。Perfumeの楽曲のイントロで、プロジェクションマッピング・光を駆使した映像と音楽、そしてPerfume3人の姿が浮かぶ空間に引きずり込まれた。

総撮影時間は500時間に及ぶという莫大なドキュメント映像から、3人の音楽とLIVEパフォーマンスへの「熱」や「ひたむきさ」を感じ取られる2時間に凝縮された作品に仕上がっているといえる。

アジア、ヨーロッパ、アメリカなど、世界を駆け巡りながら、彼女たちの音楽とLIVEパフォーマンス、そして、これまであまり見せることのなかった舞台裏へも完全密着。パフォーマンスの影にあるひたむきな姿、喜びや苦悩、葛藤が画面に映しこまれている。

tiff03_we_are_perfume
Photo by Taku Yamamoto ⓒ KamoShika Works

周りのスタッフたちの真剣さにも心打たれる。広島に3人がいたころから振付をしている女性だ。メンバーのセットリストへのこだわり。あーちゃん、かしゆか、のっち、それぞれの役割。間合いやマイクの位置。海外の観客に合う曲順。それらを理解して、照明スタッフや、ステージを支えるスタッフたちとつなぐ女性。時間と闘う姿も描かれている。

また、海外のファンたちのLIVEへの参加する姿勢も見どころ。「Perfumeの音楽のおかげで元気になる」こんなにたくさんのファンが待っているから、ワールド・ツアーは盛り上がる。いろんな想いがつまったPerfumeのツアー。L.A.やNYまで来て、あと何年でどこまでいくのか。

そんな彼女たちの現在進行形の“今”を目撃することで、結成から今日まで3人が歩んできた足跡を感じ、その想いは未来へもつながっていく。

でも、Perfumeには自然体で楽しんで歌をうたう、ダンスを踊るというシンプルで難しいところからLIVEパフォーマンスと共に進化を遂げたアーティストとして、等身大の姿を忘れないままでいてほしい。

涙だらけの2時間をありがとー!!(撮影/山本拓、文/木下奈々子)

tiff02_we_are_perfume
Photo by Taku Yamamoto ⓒ KamoShika Works

【作品情報】

映画『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』

出演:
Perfume(西脇綾香、樫野有香、大本彩乃)

監督: 佐渡岳利

配給・宣伝: 日活

公式HP www.we-are-perfume.com

【2015年公開作品】


ⓒ 2015“WE ARE Perfume”Film Partners.
※ 掲載当時の情報になります。