【カモシカワークス公式Web】

蒼井優主演 映画『アズミ・ハルコは行方不明』高畑充希ほか全キャストが発表


松居大悟監督のもとに、蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、加瀬亮をはじめ日本映画界を担う、今注目の実力派若手俳優たちが集結。全キャストが発表された。


アズミハルコ0704解禁用画像
©2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

街中に拡散される【ミッシング】サイン。無差別で男をボコる【女子高生ギャング】の集団。ひとつの街で交差する、ふたつの事件。これは、行方不明の女アズミ・ハルコの企みなのか―アズミ・ハルコは、なぜ姿を消したのか?

「ここは退屈迎えにきて」で一世を風靡し時の人となった新鋭作家・山内マリコの書き下ろし小説『アズミ・ハルコは行方不明』を、『アフロ田中』でデビュー後『ワンダフルワールドエンド』がベルリン映画祭に正式招待されるなどジャパニーズカルチャーの担い手として世界の注目を集め『私たちのハァハァ』も話題の松居大悟監督が映画化する。

行方不明になった主人公アズミハルコに蒼井優、アズミハルコの顔をグラフィティアートとして街中に拡散する若者集団を、現在放送中のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」や大ヒット公開中の映画『植物図鑑』で話題の今最も旬な女優・高畑充希、ドラマ「ゆとりですがなにか」や今年のカンヌ映画祭受賞作『淵に立つ』(深田晃司監督)など話題作への出演が続く俳優・太賀、NHK朝ドラ「まれ」で主人公まれの弟役を演じた葉山奨之の3人が演じる。

また、不可思議な事件がたて続く町の交番の巡査に加瀬亮ほか、菊池亜希子芹那落合モトキ山田真歩など実力を兼ね備えた個性派俳優陣が集結した。

主演のアズミハルコ役の蒼井優は「30歳という節目を迎えるこの年に、同い年の映画監督、松居大悟さんに出会い、彼の頭の中にあるもの、やりたいと思っていることを信じる仲間たちと全力を尽くして撮影期間を駆け抜けました」と節目の年に出会った本作への想いをコメントした。また、観客のへのメッセージも寄せており、「スタッフ・キャスト、ひとりひとりが作品と向き合って、それぞれの思いを込めて作ったこの映画は、観て下さる方によって、全然違う楽しみ方や感じ方をうみだすような、どの角度からも観られても大丈夫な、強いものになっているはずです。観客のみなさんとの間にいい化学反応が起きること期待しています」とコメントしている。

アイナ役の高畑充希は、松居監督との出演交渉のエピソードについて「都内の魚料理屋さんで、この役やって欲しいんだけど、と松居監督に口説いてもらったこのアイナという役。到底私の手には負えなさそうな、幼さと足りなさと爆発力を持った、でも守ってあげたくなるような。どんな風にお近づきになればいいか分からない女の子でした」とコメント。「撮影中は沢山沢山悩みましたが、松居監督が同じ目線で一緒に悩んで走ってくれたことや、大好きな蒼井優さんが寄り添って守ってくれたこと、年齢の若いチームのパワーに引っ張られて、なんとか乗り切れました。どんな風に皆さんのもとにこの作品が届いてゆくのかが、とてもとても楽しみです」と、撮影を振り返る。

物語の舞台は寂れた国道沿い。大型モール・洋服店・レンタルCDショップ・中古車店・ファミレスが並ぶ典型的な郊外の街で、ある日突然姿を消したOL安曇春子(28)。彼女が消えた街に、捜索願いのポスターをパロった落書きが不気味に拡散していく……。ハルコはどこへ消えたのか?彼女が消えるまでと、消えた後の二つの時間を交錯させながら、現代女子の生きざまを描きだす、緊迫感溢れるサスペンス×ポップなエモーション溢れる新世代の青春映画が誕生。12月、新宿武蔵野館他全国ロードショー。


【作品情報】

監督:松居大悟
原作:「アズミ・ハルコは行方不明」山内マリコ(幻冬舎文庫)

出演:
蒼井優 高畑充希 太賀 葉山奨之 石崎ひゅーい
菊池亜希子 山田真歩 落合モトキ 芹那 花影香音 /柳憂怜 国広富之/加瀬亮

配給:ファントム・フィルム
公式HP:azumiharuko.com

【12月、新宿武蔵野館他全国ロードショー】


©2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会