【カモシカワークス公式Web】

第5回北京国際映画祭 出品作・園子温監督 待望のオリジナル最新作『ラブ&ピース』の予告編が公開


第5回北京国際映画祭 出品作・園子温監督 待望のオリジナル最新作『ラブ&ピース』の予告編が公開。
長谷川博己がさえない男から人気ロックスターに!

園子温監督待望のオリジナル作品『ラブ&ピース』が6月27日(土)よりTOHOシネマズ新宿他全国ロードショーされる。日本映画界の至宝・園子温監督の従来の作品に見られる“園子温ワールド”のイメージと一線を画すという本作は、園監督らしい「超展開」はそのままに体験できる極上エンタテイメント。本作の予告編が公開された。

今回、園子温が初の特撮を用いて演出し、崩壊する東京の街に巨大化した“LOVE”=愛の怪獣が東京の街に現れるという。


尚、4月19日(現地時間)には、第5回北京国際映画祭(4月16日〜4月23日)において、『ラブ&ピース』が「天壇奨(Tiantan)」コンペティション部門で公式上映され、園子温監督、主演の長谷川博己、IZUMI、大月俊倫プロデューサーが記者会見、レッドカーペットイベントに参加した。

(C)「ラブ&ピース」製作委員会

(C)「ラブ&ピース」製作委員会


今年は90か国以上から930本の映画がエントリーされ、そのうち15本の映画がコンペティション部門に選出。日本映画が北京国際映画祭のコンペティション部門に正式出品されるのは本作が初の快挙。これまで『ヒミズ』『冷たい熱帯魚』などヴェネチア映画祭ほか海外映画祭で高い評価を受け続けてきた園子温監督だが、本作は、第59回ベルリン国際映画祭カリガリ賞・国際批評家連盟賞を受賞した『愛のむきだし』以来となる、直球で愛を描いた待望のオリジナル作品でもあり、注目が集まる。

(C)「ラブ&ピース」製作委員会

(C)「ラブ&ピース」製作委員会


レッドカーペット開催の当日は、オリエンタルシアターで公式上映が実施され、会場には、期待に胸を膨らませた観客、およそ約700人が来場。中にはリュック・ベッソンら審査員の姿もあり、ワールドプレミアとなる公式上映後には、怪獣映画でありながら、感動と涙が待ち受ける本作に盛大な拍手が送られたという。

(C)「ラブ&ピース」製作委員会

(C)「ラブ&ピース」製作委員会


【STORY】

愛と怪獣が、東京の街に奇跡を起こす――
ロックミュージシャンの夢に挫折し、うだつの上がらない日々を過ごすサラリーマン、鈴木良一(長谷川博己)。会社では「廃棄」と書かれたシールを貼られたり、想いを寄せる同僚の寺島裕子(麻生久美子)ともまともに話すこともできずにいた。

人生に足りない欠片<ピース>を探していた良一だったが、ある日運命的なものを感じペットにしていた一匹のミドリガメ「ピカドン」をトイレに流してしまったことからその人生が一変する…。

予告の後半では、RCサクセションの不朽の名曲「スローバラード」とともに熱狂した観客に包まれた人気ロックスターの姿が。それは自信に満ち溢れ、きらびやかに変貌した良一だった。そして日本中を席巻する良一の前に、愛を背負った巨大な“LOVE”が現れ…。

(C)「ラブ&ピース」製作委員会

(C)「ラブ&ピース」製作委員会


【作品情報】

『ラブ&ピース』

CAST
長谷川博己   麻生久美子 渋川清彦 奥野瑛太 マキタスポーツ 深水元基 手塚とおる / 松田美由紀
<声の出演> 星野源 中川翔子 犬山イヌコ 大谷育江
西田敏行

監督・脚本 園子温
主題歌:RCサクセション「スローバラード」  特技監督:田口清隆

◆公式サイト: http://love-peace.asmik-ace.co.jp/

(C)「ラブ&ピース」製作委員会