【カモシカワークス公式Web】

<レビュー>メリル・ストリープ主演 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(原題:FLORENCE FOSTER JENKINS)


絶世のオンチなのに、カーネギーホールを満員に?ニューヨークが愛した伝説の歌姫。カーネギーホールのアーカイブスNo.1を記録した感動の実話が、メリル・ストリープ主演で映画化した。


m0000000851
 ©2016 Pathé Productions Limited. All Rights Reserved

カーネギーホールの伝説の公演を成し遂げることになるのは、ニューヨークの社交界のトップ、マダム・フローレンス<メリル・ストリープ>。彼女の尽きない愛と財産は、夫のシンクレア<ヒュー・グラント>と音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、彼女は自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。彼女の財力がそうさせているのか、周りは決して彼女のコンサートやリサイタルには「No」と言えないのだ。

しかし、愛する妻に夢を見続けさせるため、夫のシンクレアはマスコミを買収し、信奉者だけを集めた小さなリサイタルを開催するなど忙しく献身的に立ち回っていた。また、彼女の開くパーティでは、たくさんのサンドウィッチとポテトサラダが用意される。来日したメリルはそのエピソードに触れ、「彼女の家にはキッチンがなかったのよ」と意味深な発言も。(これは映画を観て確かめてほしいです)

しかしある日、フローレンスは世界的権威あるカーネギーホールで歌うと言い出す。止めるに止められないシンクレアや伴奏者たち。持病を抱えるフローレンスの命がけの挑戦に、シンクレアも一緒に夢をみることを決める。そして、当初彼女の歌に否定的だった周囲も彼女の「歌」に影響され始め、気持ちの変化が訪れる。

なぜ彼女に魅了されるのか。音程なんてどうでもいい。みなぎるパワーと人柄が心を打つのだ。本格的なトレーニングを受けたメリル・ストリープが、完成させた音楽をわざと壊してみせた。いまだ、カーネギーホールのアーカイブスNo.1の記録を打ち立てている奇跡の公演を、観て、聴いてほしい。純粋無垢な彼女のパワフルなソプラノボイスに、観終わった後もちょっと気分がよくなる。そして命がけのパフォーマンス、心にとめていてほしい。(文・木下奈々子)


【作品情報】

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(原題:FLORENCE FOSTER JENKINS)

監督:スティーヴン・フリアーズ『クィーン』『あなたを抱きしめる日まで』

出演:
メリル・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、ヒュー・グラント『ラブ・アクチュアリー』、サイモン・ヘルバーグ

公式サイト:http://gaga.ne.jp/florence/
配給:ギャガ

【12月1日(木) TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開】


 ©2016 Pathé Productions Limited. All Rights Reserved
※掲載時の情報になります。