【カモシカワークス公式Web】

中村倫也圧巻の1人7役!曜日ごとに入れ替わる個性豊かな“7人の僕” 。映画『水曜日が消えた』2020年5月公開決定


ドラマ「凪のお暇」のゴン役でも大きな話題を呼んだ中村倫也が演じる“7人の僕”が圧巻の映画『水曜日が消えた』の超特報とティザービジュアルが解禁となった。本作は、2020年5月より全国公開が決定した。



©2020『水曜日が消えた』製作委員会

映画『水曜日が消えた』は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”が主人公。そのうちの最も地味でつまらない1人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語となっているという。主人公を演じるのは、「日経トレンディ」が選ぶ「2019年 来年の顔」に選出され、ドラマ「凪のお暇」のゴン役でも大きな話題を呼んだ中村倫也

今回、メガホンをとったのは次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれた吉野耕平が務める。完全オリジナル脚本で長編映画デビューとなり、本作では、監督・脚本・VFXをすべて自ら担当している。

この度、解禁となった超特報で、ファッションも髪型も、性格も全く違う、個性豊かな“7人の僕”が明らかになった。

超特報の映像には、ウッドベースを演奏したり、絵を描いたり、ドライブに出かけたり“7人の僕”が、各々の生活をエンジョイする様子が収められているが、後半から雰囲気は一転し、映像の最後には、“僕たちの終わりが始まる”という意味深なコピーで締めくくられている。

同時に解禁となった、WEB限定のティザービジュアルでは、水曜日と思われる“僕”の部分が黒く塗りつぶされており、“水曜日”の喪失を想起させている。映画のタイトルにもなっている“水曜日が消えた”の意味とは何なのか。通称“火曜日”の視点という面白い角度から描く本作に興味がわく。2020年5月より全国公開。


ティザービジュアル/©2020『水曜日が消えた』製作委員会

以上

(編集 木下奈々子)


※ 掲載時の情報となります。
©2020『水曜日が消えた』製作委員会