【カモシカワークス公式Web】

<レビュー>松田翔太主演『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』上映中


生きるか?捕まるか?ギリギリな密入国者たちの裏社会エンターテインメント!笑って泣いてエキサイトするニュー・ヒーローの物語が、今ここに始まる!リチャード・ウー(長崎尚志)の人間味豊かな物語と、すぎむらしんいちのエッジの効いた画による原作コミックスを実写化。


main
©リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/映画「ディアスポリス」製作委員会

東京在住の密入国者たちが自身を守るために作った秘密組織・裏都庁。『ディアスポリス-異邦警察-』は、そんな裏都庁の警察組織で働くただ一人のケーサツ、久保塚早紀の活躍を描く物語だ。

20世紀少年』など大ヒット漫画の脚本やストーリー制作を数多く手がけてきたリチャード・ウー(長崎尚志)の人間味豊かな物語と、すぎむらしんいちのエッジの効いた画が相まって、週刊モーニングでの連載時(06~09年)より傑作とされてきた漫画がついに実写化。4月よりMBS/TBS系列で連続ドラマとして放送。9月には映画となって登場した。

裏ケーサツ・久保塚には松田翔太。連載時から原作を愛読し、映像化の際には久保塚役を熱望していたという松田が、話し方のニュアンスやファッション、国境も人種もない自由で平等な精神性に至るまで丁寧に作り込み、鮮烈な印象を残した。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%82%b9_1%e3%82%b5%e3%83%96
©リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/映画「ディアスポリス」製作委員会

松田自身「二度とない企画」と気合い十分に語る、日本映画界の精鋭たちとの奇跡的なコラボレーションも実現!映画・ドラマ両方を手がける熊切和嘉監督に加え、ドラマ演出陣に冨永昌敬、茂木克仁、真利子哲也らが集結し、それぞれの個性をスパークさせた。

とりわけ、モスクワ国際映画祭でグランプリを受賞した『私の男』など文芸映画で高く評価される熊切監督はそのイメージを鮮やかに覆す本格アクションに挑戦。銃撃戦から肉弾戦までアツいバトルシーンを作り上げている。

見たことのない、でも今もどこかに確かにある“裏トーキョー”。アブない事件もセンスが炸裂する笑いも、キレッキレのバトルも胸を打つ人間ドラマも、この世界にあるすべてのものは裏ケーサツが守ってくれる!笑って泣いてエキサイトするニュー・ヒーローの物語が、今ここに始まる!


【REVIEW】

東京のどこかに「裏トーキョー」があるという設定。もしかしたら本当に存在している世界かもしれない。

松田翔太により作りこまれた「裏ケーサツ」の久保塚のキャラクター設定と異邦人の集まる場所でのゴタゴタに観ているこちらも巻き込まれているうちに本作のストーリー展開は進んでいく。

久保塚が追う人物を、須賀健太が好演しているが、エンドロールが流れるまで全く気付かない人もいるはず。それほど、国境を超えて日本に生きる青年の言語の使い方が“異邦人”!仲間には中国語(?)で久保塚ら日本人には日本語(こちらも?)・・・と不思議な感覚になる。

いろんな異邦人を裏ケーサツとして平等に見て、犯人を追う側ではあるが、きちんと捕まえて救出したいという精神が生む正義感は圧巻。本作の世界観にのめりこむのに時間がいるかもしれないが、女性でも楽しめる観ておいて損のない作品。

(文・木下奈々子)

sub3
©リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/映画「ディアスポリス」製作委員会

【作品情報】

監督:熊切和嘉

脚本:守屋文雄 熊切和嘉

音楽:渡邊琢磨

出演:
松田翔太 浜野謙太 須賀健太 NOZOMU 安藤サクラ / 柳沢慎吾

公式サイト:www.dias-police.jp

【公開中】


©リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社/映画「ディアスポリス」製作委員会
※掲載時の情報になります。