【カモシカワークス公式Web】

<レビュー>映画『デスノート Light up the NEW world』あの事件から10年―。新たな6冊が、拡散する。


デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。東出昌大・池松壮亮・菅田将暉の3人の豪華競演・演技力で6冊のデスノートの行方をめぐる闘いが始まる。


dn_main
©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

2016年、再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。

ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制するキラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!

三島に扮するのは東出昌大、竜崎には池松壮亮、紫苑に菅田将暉と、豪華競演が実現。監督に『GANTZ』シリーズ、『図書館戦争』シリーズ、『アイアムアヒーロー』などの大ヒットメーカー佐藤信介を迎え、大場つぐみ・小畑健(集英社ジャンプコミックス刊)の原作コミックス・前作のスピリットを引継ぎ、サイバーテロが横行する超高度情報化社会となった2016年を舞台に新たなるデスノートの世界観を作り上げる。

jp-photosub2-dn
©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

【REVIEW】

2006年の『DEATH NOTE』2部作から10年。「キラ」と「L」のデスノートをめぐる頭脳戦が記憶に新しい。エリート大学生だった夜神月(やがみライト)を演じた藤原竜也のデスノートという力を持って覚醒していく姿と、L・竜崎(エル・りゅうざき)を演じた松山ケンイチの独特のビジュアルと捜査の戦略。

今回の『デスノート Light up the NEW world』は、三島(東出昌大)・竜崎(池松壮亮)・紫苑(菅田将暉)に加え、前作から引き続き、戸田恵梨香・中村獅童、そして川栄李奈・藤井美菜、船越英一郎などのキャストが加わり、サイバーテロやメディアパワーを駆使したデスノート争奪戦に登場人物たちが翻弄される。

jp-photosub3-dn
©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

デスノートを触れると見える「死神」たちの活躍や、本名を名乗らない警視庁デスノート対策本部の面々の個性やバックグラウンドも作品に奥行きを与えている。

過去のキラ・Lも本作中で姿を見せ、「真意」はどこにあるのか。誰が操っているのか。時代と情報を拡散するツールが進化していく中で、6冊のデスノートを揃えるのはいったい誰か。マスコミにも公開まで口外させない方針の宣伝手法を用いた、謎につつまれた仕掛けもある本作。是非、公開したら劇場で数々の仕掛けを見逃さないでほしい。(文・木下奈々子)


jp-photosub5-dn
©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

【作品情報】

出演:
東出昌大 池松壮亮 菅田将暉

原作: 大場つぐみ・小畑健(集英社ジャンプコミックス刊)

監督: 佐藤信介

脚本: 真野勝成

企画・プロデュース: 佐藤貴博

企画協力:
週刊少年ジャンプ編集部

配給:
ワーナー・ブラザース映画

公式サイト: deathnote2016.com

【10月29日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他 全国ロードショー】


©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
※掲載時の情報になります。