【カモシカワークス公式Web】

映画『スマホを落としただけなのに』(2018年11月2日(金) 全国東宝系にてロードショー) / © 2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

映画『億男』(2018年10月19日(金) 全国東宝系にてロードショー) / © 2018映画「億男」製作委員会

資生堂クレ・ド・ポー ボーテ コフレ シナクティフ 2018年10月21日(日)数量限定 全国一斉発売 / © cle de peau Beaute

映画『響 -HIBIKI-』(全国東宝系にて公開中) / ©2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 ©柳本光晴/小学館

HOME

カモシカワークスがお届けするエンタメ・ライフスタイルWEBマガジン【カモシカワークス公式Web】です。

「これは面白い!」と思った映像作品・コミックスなどのエンターテインメント情報や関連事業のカモシカプロダクションの情報を中心に、NEWSREVIEWINTERVIEWCOMICSなどのカテゴリーに分けてご紹介します。

コスメに特化したCOSME/BEAUTYのカテゴリーではコスメやビューティ情報を掲載。また、MUSICのカテゴリーに音楽やアーティスト情報を特集するほか、BOOKSには注目の書籍や映画原作、映像に関する書籍の特集をお届けします。

<レビュー&ニュース>映画『スティーブ・ジョブズ』特別映像 “Filmmaker Roundtable Discussion”

カテゴリー : NEWS REVIEW

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まった映画『スティーブ・ジョブズ』(東宝東和配給/公開中)。2月29日(日本時間)に第88回アカデミー賞 授賞式を控え、本作は、主演男優賞<マイケル・ファスベンダー>、助演女優賞<ケイト・ウィンスレット>の2部門にノミネートされている。

(さらに…)

スタジオジブリ『思い出のマーニー』が本年度アカデミー賞の長編アニメーション部門ノミネート

カテゴリー : NEWS

スタジオジブリ『思い出のマーニー』は、1967年に出版されたイギリスの同名の児童文学を原作として、舞台を日本に置き換え、北海道の海辺の湿地で繰り広げられるひと夏のファンタジー。2014年に日本で公開し、2015年にアメリカでも公開。2月29日(日本時間)に発表される第88回アカデミー賞の長編アニメーション部門でもノミネートされた。「ジブリで女の子を描かせたら右に出るものはいない」とも言われる米林宏昌が監督。 (さらに…)

<レビュー>1986年のテレビドラマ放送開始から30年。映画『さらば あぶない刑事』大ヒット!

カテゴリー : REVIEW

刑事ドラマのバディものの原点である『あぶない刑事』 —1986年のテレビドラマ放送開始から30年、放送当時最高視聴率26.4パーセントを記録し、当初半年の放送予定が、あまりの人気に1年に延長されるなど社会現象にもなった伝説的な国民ドラマ。そして「最後にもう一度タカとユージを観たい」と、本作の企画がスタート。映画化としての前作『まだまだあぶない刑事』以来10年ぶり、第7弾となる本作『さらば あぶない刑事』の魅力に迫る。

(さらに…)

<レビュー>『家族ゲーム』の森田芳光監督デビュー作『の・ようなもの』の35年後を描く映画『の・ようなもの のようなもの』(杉山泰一監督作品)

カテゴリー : REVIEW

『家族ゲーム』『それから』『(ハル)』『阿修羅のごとく』……日本映画のフォームを根本から生まれ変わらせる「ひらめき」に満ちた筆致と、唯一無二の着眼点で、数多の傑作、名作を世に放った森田芳光監督。2011年暮れの急逝から、4年。劇場デビュー作『の・ようなもの』の35年後を描く完全オリジナルストーリーが、森田監督の遺作『僕達急行 A列車で行こう』の松山ケンイチを主演に迎え完成した。

(さらに…)

<レビュー>映画『セーラー服と機関銃 -卒業- 』 3月5日(土)全国ロードショー

カテゴリー : REVIEW

主演に橋本環奈というミューズを迎えた、映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』が3月5日(土)より公開となる。シリーズ累計260万部を超える赤川次郎のメガヒット原作を元に、1982年に一大ブームを巻き起こし、邦画興収第1位(47億円)を記録した角川映画の代表作『セーラー服と機関銃』(監督:相米慎二/主演:薬師丸ひろ子)のシリーズ最新作となる。
(さらに…)

<レビュー&ニュース>2013年ロッテルダム国際映画祭 観客賞受賞/SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014 最優秀作品賞受賞・映画『孤独のススメ』の予告編が解禁

カテゴリー : NEWS REVIEW

“すべてをなくした男が何も持たない男から学んだ幸せとは?”を問う、映画『孤独のススメ』。徐々に固定概念やルール、孤独から解放されていく様が伝わってくる本作の予告編が解禁された。原題『Matterhorn』として数々の映画祭で絶賛されたオランダ発ムービーがついに日本で公開!
(さらに…)

映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』の主人公「星泉」×HELLO KITTY・コラボグッズが発売決定

カテゴリー : NEWS

角川映画40周年記念作品・映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』 主人公「星泉」×HELLO KITTY・コラボグッズの発売が決定した。

(さらに…)

<レビュー&ニュース>映画『キャロル』ジャパンプレミア上映開催。ケイト・ブランシェットが登壇。

カテゴリー : NEWS REVIEW

本年度アカデミー賞6部門ノミネート作品『キャロル』―主演女優のケイト・ブランシェットが2016年1月22日(金)にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された、映画『キャロル』ジャパンプレミア上映の舞台挨拶に登壇した。イベントの模様と作品レビューをお届けします。

(さらに…)

第88回アカデミー賞 ノミネート続々発表!アカデミー賞発表は2月29日(日本時間)!

カテゴリー : NEWS

第88回アカデミー賞のノミネートが日本時間1月14日夜に発表となり、続々とノミネート作品が発表された。『スティーブ・ジョブズ』、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』、『ヘイトフル・エイト』、『リリーのすべて』の4作品に焦点をあてた。

(さらに…)

本年度アカデミー賞最有力!! 映画史に記憶される愛の名作『キャロル』、主演ケイト・ブランシェット来日決定

カテゴリー : NEWS

2月11日(木・祝)より全国公開する映画『キャロル』(配給:ファントム・フィルム)。映画『エデンより彼方に』の鬼才トッド・ヘインズが監督し、『ドラゴン・タトゥーの女』で、いきなりアカデミー主演女優賞にノミネートされた若手女優ルーニー・マーラと、『ブルー・ジャスミン』でアカデミー主演女優賞を射止めた大女優ケイト・ブランシェットが競演する話題作。主演女優のケイト・ブランシェットは、1月22日(金)に来日が決定した。 (さらに…)

<レビュー>『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』10/31公開!

カテゴリー : MUSIC REVIEW

Perfume、結成15周年、メジャーデビュー10周年で初の映画化!「Perfume WORLD TOUR 3rd」の“裏側”に密着したドキュメンタリー映画『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』10月31日より全国公開。第28回東京国際映画祭で上映された本編を観てきました! (さらに…)

『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』記者会見が六本木ヒルズで開催。竹内結子と橋本愛、中村義洋監督が登壇

カテゴリー : NEWS

『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』記者会見が六本木ヒルズで開催された。第28回東京国際映画祭のコンペティション部門で注目される邦画作品のひとつである。「いまだかつて見たことがない戦慄のリアルミステリー」と言われる本作の記者会見には竹内結子と橋本愛、そして中村義洋監督が登壇した。 (さらに…)

第28回東京国際映画祭が開幕!豪華俳優陣ほかPerfumeなどのアーティストも登壇

カテゴリー : NEWS

第28回東京国際映画祭がついに2015年10月22日(木)に開幕した。初日のレッドカーペットでは笑福亭鶴瓶や役所広司、佐藤浩市、松山ケンイチをはじめとした男性俳優陣、竹内結子や北川景子、木村文乃、本田翼といった華々しい女優らがフォトセッションに登壇するほか、Perfumeなどのアーティストらも参加する映画祭となった。
(さらに…)

アマンダ・サイフリッド来日。資生堂 クレ・ド・ポー ボーテ「2016年新製品発表会」&映画『パパが遺した物語』イベントに登壇

カテゴリー : COSME/BEAUTY NEWS

女優のアマンダ・サイフリッドが来日し、クレ・ド・ポー ボーテの「2016年新製品発表会」に登壇した。白のドレスで新スキンケア発売をPR。10月3日から公開中の映画『パパが遺した物語』大ヒット記念イベントにも登壇し、IMALUと共に映画イベントに現れた。 (さらに…)

第28回東京国際映画祭 10/22~31に新宿エリアも加えて開催決定

カテゴリー : NEWS

1985年に始まった東京国際映画祭が今年で30年の節目を迎える。そして2015年、第28回東京国際映画祭は、近年の会場である六本木ヒルズに加えて、新宿バルト9・新宿ピカデリー・TOHOシネマズ新宿のある新宿エリアを加えての開催となった。新宿では地域と連携して“祭り”となり、映画祭ならではの感覚を味わえるようだ。 (さらに…)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >

ABOUT | CONTACT

© 2008-2018 KamoShika Works. All Rights Reserved.