【カモシカワークス公式Web】

9/9(土)全国ロードショー映画『三度目の殺人』(福山雅治・役所広司・広瀬すず出演)の小説版 9/6発売!


株式会社宝島社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:蓮見清一)は、 2017年9月9日から全国で公開される是枝裕和監督の映画『三度目の殺人』のノベライズ、 宝島社文庫『三度目の殺人』を9月6日より発売する。



© 2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

映画『三度目の殺人』は、 2013年に『そして父になる』でカンヌ国際映画祭・審査員賞を獲得した是枝裕和監督と福山雅治さん主演というタッグに、 役所広司さんと広瀬すずさんを迎えた、 この秋の話題作。 8月30日からスタートした第74回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門にも出品。

弁護に「真実」は必要なく、 勝利するための「法廷戦術」だけを追求してきた、 福山雅治さん演じる弁護士・重盛と、 事件の供述を二転三転させ重盛を翻弄する、 役所広司さん演じる被疑者・三隅三隅と被害者の娘(広瀬すずさん)の接点が明らかになるにつれて、 重盛は、 三隅の深い闇に呑まれていき、 本当に裁かれるべきは誰か、 誰がなぜ殺したのか、 心の底から「真実」を求め始めるというストーリー。

 宝島社文庫『三度目の殺人』は、 映画の脚本も担当した是枝裕和とノベライズ作家の佐野晶の共著で、 是枝監督作品のノベライズを宝島社から発売するのは、 『そして父になる』に続き2作目となるという。 映像には映し出されない人物の背景や感情が描かれており、 映画と小説の両方を観て読むことで物語がより深く立体的になり、 「真実」についての監督のメッセージがより浮き彫りに。また、 一度映画を観ただけでは理解しづらい難解な法廷論争やキーワードもわかりやすく描かれているという。

是枝裕和(これえだ・ひろかず)
1962年、 東京都生まれ。 早稲田大学卒業後、 テレビマンユニオンに参加。 主なテレビ作品に「しかし・・・」(1991/CX/ギャラクシー賞優秀作品賞)などがある。 初監督した映画『幻の光』(1995年)が、 第52回ヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞。 2004年に『誰も知らない』がカンヌ国際映画祭にて映画祭史上最年少の最優秀男優賞(柳楽優弥)を受賞。 『歩いても 歩いても』(2008年)でブルーリボン賞監督賞のほか、 多数の受賞歴を持つ。 2013年には『そして父になる』で、 第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞を受賞している。 2015年、 『海街diary』が同映画祭同部門に、 2016年、 『海よりもまだ深く』が同映画祭「ある視点」部門に正式出品された。

< 第74回 ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門 正式出品作品 >
『三度目の殺人』
監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:福山雅治、 役所広司、 広瀬すず、 満島真之介、 市川実日子 ほか
配給:東宝 ギャガ
公式サイト: http://gaga.ne.jp/sandome
© 2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ
2017年9月9日(土) 全国ロードショー


※掲載時の情報となります。