【カモシカワークス公式Web】

テーマは“泡”!パナソニック×Perfume 新曲「Everyday」のMVショートver.「Everyday」-AWA DANCE edit- を全世界先行公開!


パナソニック株式会社は、洗濯機に搭載の独自機能「濃密泡でガンコな汚れもスッキリ落とす“泡洗浄″」のプロモーションとして、Perfume(パフューム)の3人とコラボレーション。“泡洗浄″の“泡″をテーマにした新曲「Everyday」のMVショートver.「Everyday」- AWA DANCE edit- (60秒)をYouTubeとパナソニックWEBサイトで全世界先行公開した。


パナソニック株式会社は、洗濯機に搭載の独自機能「濃密泡でガンコな汚れもスッキリ落とす“泡洗浄″」のプロモーションとして、服についた汚れをきれいにするだけでなく、お洗濯する人もしてもらった人も、ルーティンになりがちな毎日のお洗濯を少しでも楽しいものにできればという想いのもと、テクノポップユニットPerfume(パフューム)の3人とコラボレーションし、“泡洗浄″の“泡″をテーマにした新曲「Everyday」のMVショートver.「Everyday」- AWA DANCE edit- (60秒)をYouTubeとパナソニックWEBサイトで全世界先行公開した。

▼パナソニックWEBサイト
http://panasonic.jp/fudan/wash/awadance/

▼[MV] Perfume「Everyday」-AWA DANCE edit-


Perfumeとパナソニックが“泡”をテーマにコラボレーション。大切な服についた黄ばみ、食べこぼし、泥んこ汚れ。パナソニック洗濯機に搭載の独自機能“泡洗浄”で、汚れをきれいにするだけでなく、毎日のお洗濯をHappyに。

■「Everyday」- AWA DANCE edit- について
「Everyday」- AWA DANCE edit- は、パナソニック洗濯機に搭載の独自機能「濃密泡でガンコな汚れもスッキリ落とす“泡洗浄″」を訴求するプロモーションの一環として、Perfumeとコラボレーションしたオリジナルムービー。Perfumeの新曲MVのショートver.として全世界先行公開する本映像は、洗濯機に搭載の“泡洗浄″の“泡″をテーマに、Perfumeのキュートなダンスシーンを中心に構成し、動画制作にはMIKIKOさん(演出振付)、真鍋大度さん・石橋素さんが率いるライゾマティクスリサーチ(インタラクションデザイン、エンジニアリング)など、Team Perfumeとしてお馴染みの豪華メンバーが集結。Perfumeが踊るAWA DANCEをはじめ、振付や舞台演出も、すべて“泡″をテーマに表現された斬新な動画となっている。

■撮影エピソード
「洗濯機に搭載の“泡洗浄″」の“泡″をモチーフにしたクールな舞台セットに感激!
現場に入るやいなや、“泡″をモチーフにしたセットを前にして「うわー、“泡″だ!」「かっこいいセットなんですけどー!」と歓声を上げたPerfumeの3人。一気にテンションが高まると、旧知のスタッフと笑顔で挨拶を交わし、颯爽とステージに向かいった。黒と白のツートーンカラーの衣装は、黒い部分はシャープに、白い部分は“泡″をイメージしたエアリーな柔らかいデザインを採用。

驚異のシンクロダンスを生み出す1ミリへのこだわり
本番開始直前、「すみません、メジャーお願いします」とスタッフにリクエストしたあ~ちゃん。ステージ前方へ向かい屈み込むと、床にメジャーを這わせて、計測をし始めました。どうやらリハーサルの際、その場所で踊った振付がわずかにずれていたため、立ち位置となる床面のサイズや目印を改めて確認し、修正ポイントを探っていた様子。振付を手掛けたMIKIKOさんによると、「1ミリずれただけでも、不思議と3人の振りが揃っていないように見えてしまう場合がある」のだとか。「目印の前と中心、どちらに立つのかでも違うし、踊りながら3人で微調整を繰り返しています。簡単に見えますが、実は物凄いことをやっている。まさに匠の技ですね」という説明をしたという。

絆の強さが伺える仲良し3人組の自然な立ち居振る舞い
本番での真剣な表情から一転、カットが掛かると、冗談を言い合ったり、振付をコミカルにアレンジして、おどけてみせたりしながら、楽しそうにはしゃいでいたPerfumeの3人。それぞれのソロパートの際には、待機中の2人が一緒に声援や拍手を送り、OKが出ると、まるで自分の事のように満面の笑みを浮かべて「やったー!」と喜ぶ姿に、Perfumeの絆の強さを垣間見せた。また、撮影中は、動きの激しい複雑な振付がたくさんあったにもかかわらず、BGMを途中で止めたNGはたった2回だけだったとのこと。

振付師MIKIKOさんが“泡″をテーマにした振付に初挑戦
MV全体のテーマが“泡″ということで、「つかめそうでつかめない“泡″をダンスで表現したいと考え、全体的に浮遊感のある、ぷかぷかして見える振付を目指しました」と語っていたMIKIKOさん。特徴的な振付のひとつに、宙に浮いた光る泡のオブジェをつかもうとする動きがあり、まるで3人が“泡″そのものを操っているかのように見える。これは“泡″の動きと光の演出を手掛ける制作チームとの連携プレイによるもので、Perfumeの息の合ったアクションとMIKIKOさんのキュートな振付と相まって、“泡″を表現したMVを象徴するシーンに。

世界的知名度を誇るデザインファーム「ライゾマティクスリサーチ」が手掛ける珠玉の舞台演出
ステージ周りの“泡″のオブジェは、透過性のある紙製のシートを丸めたり、シワを付けたりしたサイズ違いのものをランダムに配置し、宙に吊られた10個の“泡″を含めて、それぞれの内部にLEDを仕込んだもの。空中の“泡″はいずれもモーターで作動し、撮影当日に決まるカメラアングルとPerfumeのアクションに合わせて、回転がスタートするポイントやアングル、配光のパターンなどを細かく調整。その“泡″が時差をつけながら波打つように上下に移動したり、中心へ向かって近づいたり、遠ざかったりすることで、立体的かつ幻想的な世界観を演出しています。こうした舞台装置の“泡″の仕掛けと、LEDのライティングデザインは、Perfumeの演出・映像制作を技術面でサポートしている、ライゾマティクスの真鍋大度さんと石橋素さんのチーム「ライゾマティクスリサーチ」が担当した。

Perfumeの3人は「今回の撮影を振り返って、いかがでしたか?」というインタビューに対して、
のっち「セットが可愛かった~」
かしゆか「キラキラ光る“泡″が動いたり、寄って来たりして」
あ~ちゃん「ずっと宙に浮いてて、あれもすごかったよね」と回答。

「Everyday」 – AWA DANCE edit -のダンスについては、
あ~ちゃん「ちょっとコンテンポラリーっぽいというか。不思議なところもありながら、少し懐かしい感じのダンスも入っていたりして。サビは軽快だよね」
かしゆか「サビのところの、“泡″のリズミカルな感じを意識しました」
のっち「私たち自身、踊っていてすごく楽しいから、見ているよりも、実際に踊って、体を動かした方が楽しい気がします」と話したという。


【パナソニック洗濯機独自の“泡洗浄″】
汚れに作用する「界面活性剤」は“泡″の表面に密集するため、洗剤は泡状にして表面積を増やしたほうが、洗浄力を高めることができます。これに着目した、パナソニック洗濯機の独自機能「泡洗浄」は、洗剤をあらかじめ泡状にしてから衣類にたっぷりふり注ぐことで、汚れにアタックする面積が多くなり、汚れを浮かせて効果的に落とすことができます。さらに最新モデル「NA-FA100H5」は、洗濯槽に注入した洗剤液をくみ上げて、何度も注入する循環ポンプを新採用した「泡洗浄W」を搭載。循環ポンプによって洗剤液を循環させることで、泡立てながら衣類にふり注げるので、大容量でもたっぷりの高濃度の泡で衣類を包み込むことができます。


【新MV概要】
タイトル:「Everyday」 – AWA DANCE edit -(60秒)
出演:Perfume
楽曲:『Everyday』(唄/Perfume 作詞・作曲/中田ヤスタカ)
公開開始日:2017年6月13日(火)
公開先:パナソニックWEBサイト、YouTubeパナソニック公式チャンネル
特設ページ:http://panasonic.jp/fudan/wash/awadance/
動画URL:https://youtu.be/sqpQahFD-go

(以上)


※掲載時の情報となります。
▼実証!泡洗浄「お手上げ汚れ」を泡洗浄で洗ってみた
http://panasonic.jp/fudan/wash/awasenjyo/
▼パナソニックの洗濯機はココが違う!素早く汚れを落とす!ヒミツは“泡”
http://panasonic.jp/wash/matome/