【カモシカワークス公式Web】

【主演:本木雅弘】×【原作・脚本・監督:西川美和】『永い言い訳』トロント国際映画祭でワールドプレミア!西川美和監督作品二度目の出品決定


『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘を迎え、直木賞候補となった自らの小説を映画化する最新作『永い言い訳』(アスミック・エース配給)。本作が、9月8日に開幕する第41回トロント国際映画祭のスペシャル・プレゼンテーション部門に出品されることが決定した。


main
©2016「永い言い訳」製作委員会

西川監督にとっては、前作の『夢売るふたり』に続き、『永い言い訳』は二度目のトロント、同部門への出品となる。トロント国際映画祭は“ノン・コンペ”のため、観客賞(Grolsch People’s Choice Award)が最高賞となり、過去には『ルーム ROOM』『それでも夜は明ける』などアカデミー賞受賞作品が多数受賞している。同映画祭のプログラミングディレクターは「とても感動的なこの映画を招待することができてうれしい」とコメントを寄せている。

本作の主人公の幸夫役には、『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』での演技が高い評価を得て、昨年度日本アカデミー賞最優秀助演男優賞等を受賞した本木雅弘。その他ミュージシャンの竹原ピストル、池松壮亮、黒木華、山田真歩、堀内敬子、深津絵里など、屈指の実力派俳優が脇を固め、ひとときも見逃したくない緊張感と豊かさにあふれた映画空間を創り上げたという。

9月15日(木)に都内で完成披露試写会を行い、西川監督は、翌16日にトロントへ向け出発、現地での上映は17日(土)と18日(日)に予定されている。西川監督から喜びのコメントが届いた。

《原作・脚本・監督:西川美和 コメント》

「多くのジャンルの映画をアグレッシブに紹介してくれる、トロント国際映画祭でワールドプレミア上映を行えることを誇りに思います。長い時間、共に作品作りに力を尽くしてくれた多くの人たちに感謝したいです。この映画祭を扉として、少しでも遠くまで作品を届けて行けるきっかけを掴めれば良いなと思います。」

ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった本作。観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリーが、トロントで観客からどんな声援を得るか注目したい。日本では、10月14日(金)全国ロードショー。

sub2
©2016「永い言い訳」製作委員会

【ストーリー】
人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)(本木雅弘)は、妻・夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。まさにその時、不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族――トラック運転手の夫・陽一(竹原ピストル)とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。子供を持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝きだすのだが・・・


【作品情報】

出演:
本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督:西川美和 /原作:『永い言い訳』(文春文庫刊)

製作:
「永い言い訳」製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)

制作プロダクション:株式会社AOI Pro.
配給:アスミック・エース

公式サイト:nagai-iiwake.com
公式Facebook : www.facebook.com/nagaiiiwake
公式twitter: @nagai_iiwake


©2016「永い言い訳」製作委員会
※ 掲載時の情報になります。