【カモシカワークス公式Web】

映画『ラ・ラ・ランド』第89回アカデミー賞/最多6部門受賞!デイミアン・チャゼル監督は86年ぶりとなる史上最年少で監督賞受賞


2017年2月27日(月)、第89回アカデミー賞の受賞作品が発表され、2月24日(金)より大ヒット公開中の『ラ・ラ・ランド』が最多6部門受賞となった。デイミアン・チャゼル監督(32歳)の監督賞受賞は86年ぶりとなる史上最年少受賞を成し遂げた。



Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

本年度ゴールデングローブ賞、歴代最多7部門受賞した映画『ラ・ラ・ランド』は、『セッション』監督が贈る、観るもの全てが恋に落ちる、極上のミュージカル・エンターテイメント(現在公開中)。第89回アカデミー賞では下記を受賞し、最多6部門での受賞の快挙を成し遂げた。


監督賞、主演女優賞(エマ・ストーン)、
撮影賞、美術賞、作曲賞、
主題歌賞(City of Stars)の最多6部門受賞!!


尚、監督賞の受賞は86年ぶりに史上最年少記録(32歳)を塗り替えた。

Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

本作の舞台になっているのは、夢追い人が集まる街ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから、二人はすれ違い始める―。というストーリーだ。


Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

前評判から高評価で、試写も多くのマスコミであふれていた本作。作品としても色彩が美しく、主演女優賞を獲得したエマ・ストーンはブロードウェイミュージカルにも出演する実力の持ち主で、彼女が劇中で歌う2曲(「Audition」「City of Stars」)は、事前収録の音源ではなく撮影時に歌った歌声が本編に採用されているほど。惜しくも作品賞は受賞とならなかったが、センスと映画愛に溢れている本作を、是非、映画館で堪能してほしい。

(文・編集/木下奈々子)


【作品情報】

監督・脚本: デイミアン・チャゼル『セッション』

出演:
ライアン・ゴズリング『ドライヴ』、
エマ・ストーン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、
ジョン・レジェンド『グローリー/明日への行進』 J・K・シモンズ『セッション』

提供:ポニーキャニオン/ギャガ
配給:ギャガ/ポニーキャニオン

公式サイト:http://gaga.ne.jp/lalaland/


Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.
© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
※掲載時の情報となります。