【カモシカワークス公式Web】

第88回アカデミー賞 ノミネート続々発表!アカデミー賞発表は2月29日(日本時間)!


第88回アカデミー賞のノミネートが日本時間1月14日夜に発表となり、続々とノミネート作品が発表された。『スティーブ・ジョブズ』、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』、『ヘイトフル・エイト』、『リリーのすべて』の4作品に焦点をあてた。


マイケル・ファスベンダー
ⓒ Universal Pictures

まず、『スティーブ・ジョブズ』が、主演男優賞<マイケル・ファスベンダー>/助演女優賞<ケイト・ウィンスレット>の2部門にノミネートされた。カリスマであり、変人であり、さらに父でもあるスティーブ・ジョブズの難しい人格を見事に演じきったマイケル・ファスベンダーは『それでも夜は明ける』(助演男優賞)以来のノミネートとなり、主演男優賞は初ノミネート。一方ケイト・ウィンスレットは7回目のノミネートとなり、受賞となれば2008年の『愛を読むひと』(主演女優賞)以来となる。

本作は、ジョブズの生涯の最も波乱に満ちた時期の3大製品──1984年のMacintosh、Appleを追われて作った1988年のNeXT Cube、Appleに復帰して発表した1998年のiMacという重要な3つのフェーズで、ジョブズが人々の心をわし摑みにした伝説のプレゼンテーション〈直前40分の舞台裏〉を描き出し、ただ単に人生を追うだけの伝記映画とは一線を画す一級品に仕上がっている。

先日発表されたゴールデングローブ賞では、主演男優賞(ドラマ部門)、助演女優賞、脚本賞、作曲賞の4部門にノミネートされ、見事、助演女優賞<ケイト・ウィンスレット>と脚本賞<アーロン・ソーキン>を受賞している。【2月12日(金)TOHOシネマズ日劇他全国公開】

ケイト・ウィンスレット
ⓒ Francois Duhamel
原題:Steve Jobs
監督:ダニー・ボイル『スラムドッグ$ミリオネア』『トレインスポッティング』/脚本:アーロン・ソーキン『ソーシャル・ネットワーク』『マネーボール』
出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ他
2015年/アメリカ/東宝東和配給/stevejobsmovie.jp

そして、注目されるのは、映画『マネーボール』の原作者であり、アメリカを代表するベストセラー作家・マイケル・ルイスの原作をもとにした映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(東和ピクチャーズ配給)。本作は、作品賞/監督賞<アダム・マッケイ>/助演男優賞<クリスチャン・ベール>/脚色賞<チャールズ・ランドルフ&アダム・マッケイ>/編集賞<ハンク・コーウィン>の合計5部門にノミネートされた。

マネー・ショート メイン
ⓒ 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ブラッド・ピットが、映画『マネーボール』に続いてプロデューサーを務め、ブラックな笑いが持ち味のアダム・マッケイ監督が、経済破綻の裏側で起きた真実にユーモアを掛け合わし痛快なドラマに昇華させている。

ウォール街の巨大金融機関を敵に回す4人の型破りな金融マンに、クリスチャン・ベール、スティーブ・カレルに加えて、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピットといった人気・実力ともに兼ね備えたハリウッドを代表する豪華キャストが集結し、驚愕の実話を極上のエンターテイメントに仕立て上げた。2005年、好景気に湧くアメリカで、住宅バブルに隠された危険な「時限爆弾」に気づいたたった4人が仕掛ける、最高にエキサイティングな戦いとはー?【3月4日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー】

クリスチャン・ベール
ⓒ 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
■監督:アダム・マッケイ
■出演:クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット
■脚本:チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ
■原作:マイケル・ルイス「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」(文春文庫刊)
■北米公開:2015年12月11日(限定)12月23日(拡大)  ■原題 THE BIG SHORT 
■2015/アメリカ ■オフィシャルサイト:http://www.moneyshort.jp   ■配給 東和ピクチャーズ

また、クエンティン・タランティーノ監督による雪山のロッジを舞台に“ヘイトフル”なクセ者8人が殺人事件をきっかけに「嘘」と「嘘」をぶつけ合う密室ミステリー、映画『ヘイトフル・エイト』(ギャガ配給作品)は、助演女優賞<ジェニファー・ジェイソン・リー>/作曲賞<エンニオ・モリコーネ>/撮影賞<ロバート・リチャードソン>の3部門にてノミネートされた。

本作でアメリカ西部の雪山のロッジを舞台に、密室ミステリーを70mmフィルムでの撮影に挑んだロバート・リチャードソンは、「JFK」、「アビエイター」、「ヒューゴの不思議な発明」で既に4度のアカデミー賞撮影賞を手にしている名撮影監督であり、今回5本目となるタランティーノ作品でアカデミー賞を受賞するのか注目が集まる。【2月27日(土)全国ロードショー】

TH8-AC-00029_result
ⓒ MMXV Visiona Romantica, Inc.  All rights reserved.
監督・脚本:クエンティン・タランティーノ  音楽:エンニオ・モリコーネ  美術:種田陽平
出演:サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、
ウォルトン・ゴギンス、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン
配給:ギャガ

そして私が注目している作品でもある、映画『リリーのすべて』(東宝東和配給作品)では、主演男優賞<エディ・レッドメイン> / 助演女優賞<アリシア・ヴィキャンデル>/衣裳デザイン賞/美術賞の4部門にてノミネートが発表された。エディ・レッドメインが昨年の『博士と彼女のセオリー』で主演男優賞を受賞したのに続き、本作で受賞をすると、『フィラデルフィア』(1993)、『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)のトム・ハンクス以来、実に22年振りの2年連続受賞。また、アリシア・ヴィキャンデルは、初ノミネートを果たした。

エディ・レッドメイン
ⓒ 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

1926年、デンマークを舞台に、風景画家のアイナー・ヴェイナーが、肖像画家の妻ゲルダと共に公私とも充実した日々を送っていたある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づくというストーリー。ドレスを身にまとう主人公が印象的な作品。【3月18日(金)より全国公開】

アリシア・ヴィキャンデル
ⓒ 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
監督:トム・フーパー 脚本:ルシンダ・コクソン
出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ 他
原題:The Danish Girl 提供:ユニバーサル映画/製作:ワーキング・タイトル、プリティ・ピクチャーズ
配給:東宝東和/lili-movie.jp